1. トップページ
  2. やまやの辛子明太子について

ただひたすらにおいしい辛子明太子を求めて。

やまやの原点は、台所の味。

やまやの創業は、昭和49年(1974年)。 山本秀雄・淳子夫妻の自宅の台所で産声をあげました。 「ただ辛いだけの辛子明太子ではなく コクと旨みがあるものをつくりたい」との思いを胸に 山本夫妻の、味への追求が始まります。

日本料理をお手本に、たどりついた辛子明太子の4つの素材。

何度も試作を繰り返す中で 山本淳子はふとひらめきました。 「日本料理の基本は、昆布やお酒。そんな和食の 定番素材を使って明太子を漬けたら、おいしいのでは・・・」 この発想から、お酒をベースに昆布と唐辛子を加えた 漬け込み液「匠のたれ」が生まれたのです。 さらに、たらこの生臭さを抑える素材を探して出会った 「柚子こしょう」は、辛子明太子に華やかな香りを添え やまやの味の決め手になっています。

辛子明太子を原料から語れるのは、やまやです。

辛子明太子は、スケトウダラの卵を塩蔵した「たらこ」をたれに漬け込んで作ります。 原料の魚卵は、成熟度により皮の厚さや粒の弾力が異なります。 やまやでは、オホーツク海のスケトウダラ漁にスタッフが同行し 最も明太子にふさわしい魚卵「真子」を選び抜いています。

匠のたれで168時間。熟成の時が味を深めます。

やまやでは「真子」を塩蔵した「たらこ」を、厳選した4つの素材による「匠のたれ」に漬け込み、 168時間、じっくりと寝かせます。 7日間の眠りの中で熟成されたその味わいはまろやかな深みをまとった、まさに「コクと旨みの辛子明太子」。 創業者夫妻が築いた「やまやの味」は「匠のたれ」をつぎ足しながら今も変わらず、脈々と受け継がれています。

  • やまやの辛子明太子について
  • 辛子明太子の原料へのこだわり
  • 辛子明太子の4つの素材
  • 168時間熟成
  • 辛子明太子の品質管理
  • やまやの辛子明太子ができるまで
  • 辛子明太子の種類
  • 辛子明太子の栄養