1. トップページ > 
  2. よくあるご質問 > 
  3. やまやの辛子明太子について

やまやの辛子明太子について

その他、お問い合わせのあるお客様は、お手数ですがお問い合わせください。

辛子明太子の賞味期限は?

やまやでは辛子明太子の賞味期限を出荷日から14日で設定しています。保存はかならず冷蔵庫にお願いいたします。

辛子明太子の保存方法を教えて下さい。

たくさんもらって、一度に食べきれないときは、

1腹ずつラップにくるんで、タッパー等の密閉容器に入れて冷凍すると、約2ヶ月は保存が可能です。

辛子明太子の端部が黒くなっているのですが、これは何ですか?

辛子明太子の端部が黒色や緑色になっているものがありますが、

これはスケトウダラの胆汁が自然に付着したものです。

品質に問題はございませんので、ご安心してお召し上がりください。

辛子明太子のナトリウム(食塩相当量)はどれくらいあるのですか?

当社の辛子明太子(美味 無着色)のナトリウムは卵質により個体差はありますが、

100gあたり約2300mg(食塩相当量5.8g)です。

明太子とたらこ、どう違うの?

「たらこ」は「タラ」の子だから「たらこ」。

「たらこ」の原料がスケトウダラの卵だということは皆さんもご存知かと思います。

では明太子は?というとこれも同じ意味なのです。

韓国ではタラのことを「明太=ミョンテ」といいます。

その「明太」の子だから「明太子」。

最近では一般的の認識として「たらこ」は塩漬けの辛くないもの

「明太子」は調味液に漬けて辛味をつけたもの、

すなわち「明太子=辛子明太子」という意味で使われることが多いようです。

やまやの辛子明太子はパッケージの中に漬け込みの液が入っていて他社の辛子明太子よりも柔らかいように感じます。何か理由があるのですか?

やまやの辛子明太子は168時間という長い時間をかけて熟成させており、原料にも水を使わず地酒を使用していることが、

柔らかい理由です。 その分味がしっかりと浸透しムラのない味付けになっており、

この自慢の漬け込み液をそのままパッケージに入れることで、

漬け込んだときの風味をそのままに柔らかでしっとりとふくよかな味を皆様にお届けしております。

パッケージの中に入っている漬け込み液がいつもより少ないようだけど?

漬け込み液は一定量入れることを心がけておりますが、どうしても明太子によって

漬け込み液を吸うものと吸いづらいものと個体差がございます。

その為、お手元に到着した時点で、若干漬け込み液の量が違う場合があります。

味の種類にはどんなものがありますか?

贈答用・家庭用ともに、中辛を基本としておりますが、

「美味」「うちのめんたい切子」には辛口もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

⇒コミュニケーションセンター:0120-001-168(9:00〜20:00 日・祝日は18:00まで)

◎お問い合わせフォームはこちら

「美味」と「伝統」はどう違うのですか?

「美味」と「伝統」の違いは、原卵の質の違いです。

選りすぐられた原卵から特に卵質のよいものが「伝統」として選ばれます。

選別の過程で二つの製品になりますので、「美味」と「伝統」はいわば双子の姉妹のようなものなのです。

家庭用辛子明太子と1本物の違いは何ですか?

やまやの工場では、常においしい明太子を作る努力をしております。

家庭用辛子明太子はもともと贈答用(1本物)に製造した辛子明太子ですが、原料であるスケトウダラの卵はとてもデリケートであるため、

丁寧に扱っていても製造の途中でどうしても端が切れたり形が崩れるものが出てきます。

この皮の切れたものや形が崩れたものを家庭用辛子明太子として販売しています。

辛子明太子をもらって冷蔵庫に入れるのを忘れて、1日おきっぱなしにしてたけど大丈夫かしら?

おきっぱなしにした辛子明太子の品質は保証できません。

色が変わったり、臭いや糸引きがあるものは食べないでください。

また、賞味期限内でも、保存の状態によっては劣化します。少しでも早く食べ切るか、冷凍での保存をお勧めします。

冷凍して解凍するときに良い解凍方法があれば教えてください。

冷凍保存した辛子明太子は、前日から冷蔵庫に入れてゆっくり解凍されることをおすすめします。

いつもご飯の上にのせて、そのまま辛子明太子を食べていますが、他にどんな食べ方がありますか?

辛子明太子を美味しく召し上がれるレシピ集をご用意しております。

トップへ戻る

スケトウダラはどこで獲れるの?

当社の辛子明太子の原料となるスケトウダラの主な漁場は、アラスカ湾、ベーリング海、オホーツク海です。

カロリーが気になるのですがどうなのでしょうか?

辛子明太子のカロリーは、1食分(約20g)25.2kcal※。意外とカロリーが低いのです。

ご飯がすすむ辛子明太子ですが、おかずも揃えてバランスの良い食事を心がけてくださいね。

※『五訂増補日本食品標準成分表』より

コレステロールが気になるのですがどうなのでしょうか?

確かに、魚卵はコレステロールが多い食品の一つです。しかし、特に注意が必要な鶏卵に比べると、

辛子明太子の1食分(約20g)のコレステロールは鶏卵1食分(約60g)の2割程度。

また辛子明太子には、悪玉コレステロールを減らす作用があるといわれる

EPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が、たくさん含まれています。

海藻や椎茸にも、コレステロールを減らす働きがあるので、合わせて食べるといいですよ。

辛子明太子にはどんな成分が含まれているのですか?

辛子明太子には沢山の成分が含まれています。

まず代表的な成分がビタミンE。

そして唐辛子に含まれるカプサイシン。

そのほかにはEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸も含まれております。